スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミルワームってだめなの?

3日前の餌を冷凍赤虫にしたんですが、そろそろ今の冷凍赤虫を新しいものにしようと思いおとついペットショップに行きました。

そしてペットショップで冷凍餌を見ていたら、隣に「ミルワーム」と書いた紙が貼ってある冷蔵庫を発見!


ミルワーム!!!

とりあえず、冷蔵庫を開けてみたら、プリンカップに入ったおがくずみたいなもの。
蓋の上には「爬虫類・両生類・小動物・成鳥・観賞魚のエサに」と書いてあるラベルが。
ちょっとゆすってみると、ミルワームが見えてきました。
冷蔵庫に入っているということは、仮死状態になっていたんでしょう、全然動きませんでした。
いつもはミルワームは売っていないので、かなりわくわくしたので購入しました。



※ミルワームの画像が入ります

ミルワームを餌にする方法は前に何かで見たことがあったので、とりあえずドックフードがいるのかなと思ったんですがショップの店員さんに聞いてみたら、植物性の餌の方がいいので、ラビットフードとかがいいですよと。


なのでラビットフードと、カルシウムを買いました。

image_20130318101236.jpg
△マルベリーCa△




ペットショップでは固まっていたミルワームたちですが、家に帰ってみてみたら暖かくなったので仮死状態から起きだして来たのか動いていました。

▽100匹くらいいそう▽
image_20130318104006.jpg




ミルワームたちの寝床兼餌に選んだラビットフードなんですが、うさぎ用なので粒が大きい。
このままじゃ使えないしどうしようかな、と思って台所からすりこぎ鉢と棒をとってきました。

▽うぱさんのフンに似ている▽
image_20130318103945.jpg



一粒一粒がけっこうかたくて、つぶすのに苦労しましたがなんとかなりました。
料理に使っているすりこぎ鉢を使ったので後でお母さんにすっごく怒られました・・・。

そして粉状にしたラビットフードに、マルベリーCaとコオロギフードをてきとうに混ぜ、完成です。


100円ショップで買っておいたふるいで、ミルワームをふすまから取り出してプラケースに。

image_20130318101235.jpg
△粉がかなり舞いました△



そしてニンジンの皮をピーラーでむいて、水気を切ってこの上に撒いておきました。
ミルワームは水にぬれると弱ると聞いたので、結構しっかり目に拭きました。

しばらくしたら、表面に出てきたミルワームもいたので快適に(?)過ごしていたみたいです。


こうして仕込んだミルワームを!本日うぱさんに!

image_20130318101234.jpg
△もがもが△



ミルワームは長さがあるので、切ってからあげた方がいいのかな?と思ったんですが汁が出てしまったらいやだなと思ったので切らずにそのまま。

ふれさもおりばも食べるのに苦労していました。
あ、おりばの写真・・・。


ピンセットで口元まで持って行くんですが、ミルワームの頭?あごをぷちっとしてからあげました。

コオロギやデュビアは怖くて、あばばばってなるわたしですが、幼虫系は全然平気です。
ミルワームなら素手でいけるな、と思います。ピンセットがあるのでいきませんけど。


というのも、十数年前くらいまでは自室は幼虫だらけでした。
お父さんがオオクワガタにはまって、わたしも一緒によく育てていました。
ちょうどオオクワガタが
クワガタやカブトムシなら全然素手で触れます。

コオロギやデュビアは、速いし飛ぶし、怖いんですよ!
いつか脱走して寝ている間に耳の穴とかに入ってきそうで・・・。←

だから幼虫のミルワームは全然平気な餌でした。
餌の巣材の中に入れたミルワームは全体の半分くらいで、残りの半分はそのままふすまのプリンカップにいれて冷蔵庫にいれておきました。もうお母さんは何も言いませんでしたけれど。


でもミルワーム自体はそんなに臭くないですね。
ラビットフードやコオロギフードがすごく臭いですけれど。
うさぎ飼うって大変そうだなあと思いながらすりこぎ鉢で餌をすっていました。


ミルワームとウーパールーパーで調べたら、うぱさんにミルワームはだめ!という感じで書いてありました。
なんでも、消化が悪いとかミルワームがうぱさんの内臓を食い破るとか・・・。

消化が悪いのはミルワームがキチン質が多いからだそうです。
キチン質という物質は、エビやカニなどの殻に含まれていることでよく知られるものです。
グルコサミンやキトサンがこのキチン質から抽出されるので、人間の健康食品の材料にもなるものですね。
キチン質が良くないというんだったら、エビも良くないのでは?と思うんですけど要はバランスということだろうと思います。
このキチン質は、赤虫にも含まれています。
赤虫やエビが、うぱさんの便秘に良いと言われる所以はここらへんにありそうです。

一度に大量にミルワームを与えたり、毎回ミルワームを与えたりしなければ大丈夫なんじゃないかなと思います。


内臓を食い破る、という事件に関してはミルワームより大きくてあごもでっかいジャイアントミルワームという方の虫ならもしかして・・・と思うんですが、小さいあごのミルワームでしかも水中に沈められてうぱさんのおなかに入ったミルワームに食い破るほどの力はないんじゃないかな?と。

でもうぱさんに噛みつく可能性を考えて、頭をつぶしてから与えました。


ミルワームの素敵なところは、餌か巣材なのでとってもガットローディングしている気分にさせてくれるところです。
消化不良が怖いので、ローテーションに加える感じでいこうと思います。
冷蔵庫で仮死状態にできるというところもいいですよね。
勝手に繁殖するみたいなんで、2匹のうぱしかいない増えたら大変なことになりそうなのでさなぎになるやつが出たら冷蔵庫行きにしようと思います。


ミルワームはリンが多いみたいなので、カルシウムが足りなくなりそうで不安なんですがマルベリーCaを少し入れただけで足りるでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : ウーパールーパーな日々 - ジャンル : ペット

コメント

はじめまして♪

はじめまして♪

ミルワーム、けっしてダメな餌ではありません。書かれているように栄養価に問題ありなので毎日はダメですけど例えばドッグフードの中でミルワームを買う、与えるなら大丈夫です。
昔は爬虫類両生類の生餌というとミルワームしかなくて、情報も少なかった頃ですからミルワーム三昧、そういえば早死にする子もいたな~と今思えば可哀想なことしました(--,) 
ハニーワーム、シルクワーム、通販でしか手に入りませんが栄養価抜群、肥満にさせるならこれしかないでしょう。
とにかく手当たり次第色んな餌を与えてみることです。同じものばかりでは与える方も食べる方も面白くないですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。