スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うぱの尾びれがくるん

最近気になること。

ウパさんのしっぽがくるんとなっていることです。

▽参考はふれささん▽
image_20130319114012.jpg



尾びれ?背びれ?の上の方が倒れる感じでくるんとしているんです。

水質かなあとか、水温のせいかなあとか、まあいろいろ考えたんですが。
(あ、今日はふれさの水槽の水を交換しました)


おりばもけっこうくるんとなっているんですよね。

image_20130319114013.jpg
△尾びれ撮らせてくれない△



なんとなくわかっていますよ。

なんでかな~とか言ってますけど、原因は餌の少なさだと。


ぐいぐい成長しているうぱさんにとって3日に1回は少ないんじゃないかとちょっと思ったり。
3日に1回は、消化するには良い頻度だと思うんですが、1回に食べてもらう量には限りがありますしそこでおなかおいっぱいに食べてもらうところんころんのぽんぽこりんになるから心配なんですよね。

きのうミルワームだったので、中2日あけようと思いますが、明後日の冷凍赤虫をあげたら、中1日にしてまた冷凍赤虫を食べてもらおうと思います。

エビやミルワームやコオロギなどは、内臓に負担がかかる餌なので中2日、冷凍赤虫は中1日で2回連続。

このスパンでの餌にしてみて尾びれの様子やおなかの様子を見てみようと思います。

image_20130319114017.jpg
△未確認生物を写真に捕えました!△



尾びれを撮ろうとしていたときに撮れた写真です。(笑)
スポンサーサイト

テーマ : ウーパールーパーな日々 - ジャンル : ペット

ミルワームってだめなの?

3日前の餌を冷凍赤虫にしたんですが、そろそろ今の冷凍赤虫を新しいものにしようと思いおとついペットショップに行きました。

そしてペットショップで冷凍餌を見ていたら、隣に「ミルワーム」と書いた紙が貼ってある冷蔵庫を発見!


ミルワーム!!!

とりあえず、冷蔵庫を開けてみたら、プリンカップに入ったおがくずみたいなもの。
蓋の上には「爬虫類・両生類・小動物・成鳥・観賞魚のエサに」と書いてあるラベルが。
ちょっとゆすってみると、ミルワームが見えてきました。
冷蔵庫に入っているということは、仮死状態になっていたんでしょう、全然動きませんでした。
いつもはミルワームは売っていないので、かなりわくわくしたので購入しました。



※ミルワームの画像が入ります

続きを読む »

テーマ : ウーパールーパーな日々 - ジャンル : ペット

高取町 町屋の雛めぐり

先週末に、お出かけして奈良県高市郡にある、高取町のちょっと変わった『ひな祭り』を見に行ってきたのでそのときのことを思い出して書いていこうと思います。


高取町のひな祭りは、「町屋の雛めぐり」と言って高取町の一般家庭が軒先などにお雛様を飾って観光客などに公開してくれています。
たくさんのお雛様が飾ってあるんですが、他人の家の庭に勝手に入って家の中をのぞいてみる、というかたちなので公共の場所などに飾ってあるひな人形を見るのとは全然気分が違います。


お雛様だけでなく、その家の庭・玄関・家の中まで見えるものですから、なんだか知り合いの家に呼ばれたときのような妙な緊張感とわくわく感が味わえました。
ここのお家のお雛様を見たいな、でも家に入り込むのは無遠慮かな、なんて思いながらも結局どうぞ~と声をかけてもらって見に行くんですけどね。


うちの家はもう何年のお雛様を飾っていないし、たまに友達の家に遊びに行ったら飾ってある場合があるのでそのときにちらっと見るくらいでした。
他人の家のお雛様って、あんまりじっくり見る機会はないですよね。
きれいだなあと思ってもまじまじと眺められないんですが、この高取の雛まつりならこころゆくまで眺めることができます。


日本人形だけではないんですが、古い人形の目ってなんだかちょっと怖いですよね。
本当に、子どものための人形なのか?とひそかに昔から思っているほどです。

うちの家に、お父さんの知り合いの人が出張でフランスに行ったときにお土産にくれたフランス人形があったんですが、ひらひらの洋服にふわふわの金髪で文字通り陶器の白い肌だったんですがそのフランス人形の目がなんだか怖くて、大好きなんだけどあまり直視できなかったのを覚えています。

そういえばあのフランス人形はどこへやってしまったんでしょうか。



怖いからいやだというわけではなくて、怖い・・・けど見たい。
という感じなのが日本人形だなと思うんです。

しかもひな人形は、期間限定というところがいいですね。
この時期にしか見られないし、(ちょっと怖いけど)見ておこう!と思えます。


怖い怖いと言っていますが、わたしは昔から心霊体験などはしたことがなく、勝手にびびっているだけなのでお雛様に何かあるとかいうわけではありません!(笑)

もしわたしがホラー映画の世界の人間だったら、みんなが心霊体験をしてぎゃーってなってるのを見て勝手におびえているけどけっきょく何も起こらない人になるという自信があります。
それくらい0感というやつなんです。

そういう体験をしたいと思わないので、基本的に危なそうなことはしません!

奈良には有名な心霊スポットのトンネルがあったりしますが、そんなところには行きません。これは基本です。
海で石を拾って持って帰ったりもしませんし、古そうなものはいいな、と思っても買いません。

一度、夜遅くに部屋の棚に置いてあったオルゴールが鳴りだしたことがあるんですが、こんな深夜に布団から出てその棚を見に行ったら思うつぼだ!(何かの)と思ったのでオルゴールを確認せずそのまま寝ました。
朝おきてからオルゴールを見に行ったら、蓋を開けないと鳴らないものだったんですが蓋が閉まっていたので蓋をあけたままにしておいて、螺子巻きも抜いておきました。

そして何より、毎日おじいちゃん並びにご先祖様のお仏壇にお線香をたてて炊きたてご飯をお供えして
「おじいちゃん、今日も1日がんばったよ。」と報告してチーンとしています。万全です。

もしも世の中に怖い霊がいるとしても、同じくおじいちゃんの霊もいるはずなので大丈夫でしょう。


話が大きくそれましたが、高取の町屋の雛めぐり楽しかったです。

image_20130314135632.jpg
△メイン会場の大きなお雛様△



このお雛様の配置を考えた人はすごいセンスだなあと思ったり、

▽オブジェの展示▽
image_20130314135633.jpg



ウーパールーパーの水槽の中をこんな感じの雰囲気にしたいなあと思ったりしながら見てまわりました。



雛めぐりが楽しいのはもちろんなんですが、高取町というのは城下町で観光地なだけあって、古風できれいな町並みです。

京都市内のように、近代文化との融合ではなく、田舎くさい雰囲気をわざと残した古い町並みという感じなんです。


最初に町を歩いていたときに感じたのは「町全体にお金と手間がかかってるなあ。」ということでした。


古くからの日本家屋の外観のままで、中には清潔感のある畳の部屋という感じです。
一見田舎のおばあちゃん家なんですが、実は手入れされているんです。


町の中の地面も、アスファルトではなくてつぶつぶの石を固めて平らにした茶色の道なんです。
砂や土ではなくて、細かな石をコンクリートで固めているようなそんなものです。

道と家の間、には水路があるんですがその水路も土ではなくてコンクリに握りこぶしよりも大きな石を埋め込んだ素材でつくられているんです。
だから田んぼ横にあるような水路とは違って水は透明で藻も茂っていなく、臭いもないんです。

生き物は住めそうにないですが、その代わり清潔という感じでした。


各家も、雰囲気を崩さないように庭先を整えているんだなあというのが感じられました。
そして何より、それぞれの家が大きいし庭も広いしうらやましい限りでした。

いつかこんな大きなお家に住んで、山の川から水を引いてきて、かけ流しで小川をつくるんだ・・・。
大きな池もつくって、ウーパールーパー飼うんだ・・・。

そんて思ったりしてないですよ、もちろん・・・)^o^(
屋外飼育は大変な点の方が多いですからね。

でもいつか大きな家を建てるためにがんばってお仕事しようと思いました。

道の横の水路はキレイすぎるくらいですが、ちょっと土の近くに行くと土の水路もあるのでそこでは小さい魚が泳いでいました。
わたしの乏しい知識だと水路や小川にいる小さい魚はメダカしか名前が出てこないんですが、あれはメダカだったのかなあどうなのかなあ。




高取城もありますし、便利に清潔に、片田舎の自然を感じることができます。

あと近くの農家の人の野菜が売っていたので買って帰りました。
葉っぱつきの小さいニンジンが売っていたのでたくさん購入しました。
ニンジンの葉っぱはコオロギさんの巣材にぴったりです。


山は近いし空は高いし、道ばたで売っている団子や焼き芋はおいしい。
春の遠足にはぴったりの場所だと思います、高取町。


奈良の観光地はいろいろありますが、同じ町屋でも市内とは一味違う印象の街並みでした。
こういった雰囲気の観光地も、いろんな人に知ってもらえればいいのにねと思います。

テーマ : 奈良 - ジャンル : 地域情報

お菓子の家じゃなく野菜の家

コオロギのプラケースを洗っているときに、床に黒いものが落ちていて

コオロギさんに脱走されたー!とあわててピンセットでつまんだら、さっき自分が外したつけまつげでした。
心臓がばっくばっくしました。

とりあえずそのつけまつげは捨てておきました・・・。


うぱさんたちにわたしが用意できて、のども通る大きさで、両生類や爬虫類の餌としていろんなデータが取られているコオロギさんは本当にありがたい存在です。
一生懸命お世話しております。


コオロギさんが、コオロギフードや野菜を食べたりしているとなんだか嬉しくてにやにやします。
でもコオロギが好きというわけではないんです。

食べよ、よく肥えよ。
でも生まないで、地に満ちないで。


繁殖目的ではなく餌という面だけで言うと、コオロギは長期飼育する必要はないと思います。
食べさせる前の半日くらいで、栄養のあるものを与えてそれが消化される前に捕食者へ。
まだおなかの中に栄養がある状態でダイレクトに与えることができるのがガットローディングですよね。

でもうちの家は消費量が少ないためムダに長期飼育になってしまうんですが、コオロギさんがもりもり食べて太ってくれるとその体は栄養で構築されているということになるので、おなかの中だけでなく体全体に栄養たっぷり!という感じがしてうれしいんです。

小松菜を食べて育ったコオロギの体は小松菜の成分をしているわけではなく、コオロギの成分なんですが新聞紙の中で育って、おなかの中に小松菜があるコオロギの成分よりも、小松菜を食べて育っておなかの中にも小松菜があるコオロギの成分の方が質が良いんじゃないかなあと。




そしてニンジン巣材は継続中です。
ニンジン巣材のメリットは、ケース内を適度な湿度にしてくれることです。
あとコオロギからすっごくニンジン臭がします。さわやか!

デメリットは、できれば毎日、絶対に2日の放置はできないところです。
単純にニンジンがくさります。
ケース内の衛生面っていうのは思ったよりもすぐに悪化しますね。
しかも水が出たときに吸収はしないニンジンを巣材にしているんだからより一層です。
そしてコオロギに他の餌を与えていてそっちを食べてほしい場合、それを食べてくれないこともあります。


総合的に見て、コオロギ飼育にニンジン巣材はおすすめしません!

でもわたしはニンジン巣材・・・というか食材を巣材にやっていこうと思います。

巣材に新聞紙をいれておくと、コオロギたちこれを食べてるんじゃ?と疑ってしまうので入れるのがいやなんです。
キッチンペーパーも同様です。




・・・他にこんなにためにならないコオロギ飼育についてのブログがあるでしょうか。

本当は、プラケース内を箱庭状態にして土をいれてそこでミニ野菜を育ててその葉っぱをコオロギたちが食べて、というのが理想なんですが、コオロギのフンにはけっこうアンモニア臭がするので取り替えしにくい土をコオロギたちのケースにいれるのはうちの家の中ではけっこうむつかしいと思います。

臭くなると怒られるので(ママンに)


大量のコオロギの飼育だと、野菜巣材はいろいろ微妙ですが、うちのうぱさんたちのためだけだしコオロギの繁殖もするつもりはないですし(土をひけないから)、コオロギさんの数は最大でも10匹程度かと思いますので、プラケースを大きめでコオロギの数程度の野菜で表面積をふやしておくのがけっこういい感じです。

でもけっこう野菜の消費量が多いので、見切り品の野菜を買ったり、知り合いの野菜をつくっている人から、割れてるニンジンとかをもらってきてそれを使っています。





おいしくな~れ。
おいしくな~れ。
と脳内で唱えながら毎日コオロギの水や餌を交換しています。


気分はヘンゼルとグレーテルの悪い魔女です。(笑)

カテゴリをうーパールーパーにしたけど、あんまりうぱさんの話してない!
とりあえず写真でも貼って体裁を整えよう。

・・・と思ったらあいぽんたんの充電がないので写真獲れない(´;ω;`)

テーマ : ウーパールーパーな日々 - ジャンル : ペット

なんとなく体調不良?

なんだか最近ちょっとだけですが、
なんとな~く、なんですが。

おりばが元気ないなと感じます。


▽水面近くにいることが多い▽
image_20130312162440.jpg




image_20130312162438.jpg
△餌くれ~のバタバタしない△




水流は、前の45cm水槽で上部フィルターをつけていたときのほうがきつかったと思うし、中2日の餌と1~2週間に1回の水換え以外は水槽に触っていないし・・・。
ここ数日のあたたかい天気で水温がぐぐっと上昇してきたからでしょうか?


あと、やっぱりソイルを飲んでいるみたいでおなかの横側にでっぱりがあります。
けっこう大きいので心配です。

このままの大きさじゃ排出するの大変そうだし、ちゃんとソイルが崩れてくれるんでしょうか。


底面フィルターのエアポンプで揺れている水面近くにいるのでふわふわと揺れていて、ストレスかなあと(>_<)

メダカは、水の中に酸素がたっぷりあると底の近くで泳ぐっていうのを聞いたことがあります。
それに基づいて考えると、水中の酸素が不足しているから水面にいるのかな?水質が悪化しているのかな?とかいろんな考えが浮かぶんですが、60cm水槽にウーパールーパー1匹で水草・ソイルがあるのに酸素濃度が下がったり急激な水質悪化が起こるとは考えにくいんですよねえ。

底にいるときもありますが、水面でふわふわしている場面をよく目撃しているので。
それに3日前赤虫を食べたの後に、おしりから金魚のフンに似たものをぶら下げていたので何かと思ったら形が残ったままの赤虫が1本ぴょろっと出ていたんです。

その赤虫に続いて、普通のフンが出てきたんですが今の餌の量や種類、水質や水温などの環境がおりばにとってはぴったりじゃないんだなと思いました。

image_20130312162439.jpg
△赤虫の日のふれさ△



体の大きさはそんなに変わらないんですが、食べる量はちょっとずつ変わっていく2匹です。


おりばのことは心配しずぎだといいんですが、嫌な予感や想像の方が当たりますよね。
とりあえず水質の改善、ということでまた10リットルほど水換えをしようと思います。

テーマ : ウーパールーパーな日々 - ジャンル : ペット

うぱ餌のバリエーション

人工餌は一応購入してあるんですが、できれば使わず、使っても月に1回くらいでいきたいなあと思っています。


▽600円くらいしました▽
ウーパールーパーの主食




今日の餌はイナゴ!!!!
冷凍されているものから、脚と羽をむしって...以下省略


イナゴの顔の部分が大きすぎたのか、5分くらいふれさの口が開きっぱなしでした。
顎がはずれるかと思った。ごめんね。

でもうぱさんはイナゴたぶん好きです。

でも冷凍イナゴは臭いがきついし、水も汚れやすいので注意が必要ですね。



そしてブログをつけていなかったんですが、3日前は冷凍赤虫でした。

今度から餌は、赤虫・赤虫・エビ・赤虫・赤虫・コオロギ・・・
という風に冷凍赤虫をメインに3回に1回違うものという風にしたいと思います。


餌のバリエーションは、
・冷凍赤虫
・冷凍川エビ
・フタホシコオロギ
・冷凍イナゴ
・イトミミズ

これが一回りするまでに餌の回数が12回あります。
餌は3日に1回なので、全種類でだいたい1カ月回ります。

うぱさんのおなかの様子や水温の関係もあるのできっちりはしないですが、この調子で餌をあげていきたいです。

そしてもうすぐふれさがやってきて2カ月。
ということは今使っている冷凍赤虫を開封して2カ月。

そろそろ冷凍焼けもひどくなっていそうですし、まだ半分くらい残っているんですが破棄しようかな・・・と。
次はキューブになって1個すつ出せるやつを購入しようと思います。

テーマ : ウーパールーパーな日々 - ジャンル : ペット

非被災者の3.11

今日は3月11日ですね。

東日本大震災がおきてから2年がたちました。
もう2年もたったの?!とわたしは思ったんですが、テレビを見ると、まだ2年しかたっていないのかと言っている人がいて、時間の感じ方はそれぞれなんだなあと思いました。


わたしは2年前の午後2時ごろは自宅にいました。


バイトを午後1時に終わって、家に帰っていたんです。
そしてその前の日は、お母さんとお父さん喧嘩をしていて21歳にして初めての家出をしていた日でした。

前の日にお母さんがご飯の準備をしていて、お父さんがお風呂に入っている間に次の日の服なんかを持って家を出ました。
友達の家に泊まって、そこからバイトに行き、家には誰もいないだろうと思って明日の服などを取りに家に戻ったんです。


お母さんから連絡はありましたが、お父さんからは何も連絡がなく、ほとんどお父さんとの喧嘩だったので、まだまだ家出を継続してやろうと思い準備していました。


そうして2階の自室で荷造り(大げさ)していると、突然自分の頭がゆらゆらと揺れました。
頭だけでなく、体もぐらぐらと揺れました。


きのうは友達の家で夜更かしをしたし、慣れない枕のせいであまりよく眠れなかったから、疲れて眩暈がしているのだと思ってしばらく目をつぶっていたらその揺れはおさまりました。

これが、東日本大震災発生時のわたしの状況だったのをしっかりと覚えています。
ぐらぐらとゆっくり左右に触れるあんな大きな揺れが、地震だなんて思わなかったんです。
奈良では大きな被害はなく、何事もなく過ぎていったんです。

そしてしばらくしたら携帯にメールが来て、3日後に一緒に東京に行く予定だった友達からでした。


「東京行くの無理だと思うから、新幹線キャンセルするね。」

というメールだったので、突然どうしたんだろう?と思い、

「え、なんで?」

と軽くメールを返したんです。


そうすると次にまたメールが来ました。
お母さんからだったので、何かと思ったら、地震大丈夫だった?と。

そこではじめて、さっきの眩暈だと思った揺れが地震だったことを知ったんです。


東京にいけないほど多きな地震だったのかな?と状況を知ろうとテレビをつけたら、緊急ニュースでした。

大きな地震であるということ、海岸近くの人は津波に備えて高台に避難するようにと伝えるアナウンサー。
画面の左側に出ている日本地図と津波予測。


そしてさっきの地震が東北で起きたものだというのを知ってびっくりしました。
関西の、奈良でさえあんなに大きく横揺れしたのに東北ではどうなっているのだろうと。



家出をしようと思っていたんですが、それはやめて自宅にいました。


夕方までニュースを見ていると、だんだんと明らかになる被害状況。
でもまだまだ不明なところが多く、この何倍にも被害が膨れ上がるだろうと予想できて恐ろしかったです。

日本の半分くらいが、終わってしまうんじゃないかと思いました。




そして夜になって、お父さんとお母さんが帰って来たので喧嘩をしていたことについて話し合いをしました。


2年前、わたしがまだ大学生で就職も決まっておらず、さらに家の仕事も不安定で、弟の大学進学があったりなんだかんだと家の中がぎすぎすしていました。
就職の決まらないわたし、仕事で忙しい両親、暇そうな弟。(笑)

家族全員が、それぞれイライラしていて、わたしは就職したら家を出て独り暮らしをしたいと思うほどでした。


だけど、東日本大震災があってあの日でわたしは少し変わりました。

それからしばらくは相変わらずわたしも就職できなかったし、家の仕事も上手くいかなかったし、弟は暇そうでしたが家での喧嘩はほとんどなくなりました。



東日本大震災が起こって、この自分の命は、当たり前のものじゃないんだと思いました。
特に被害はなく、関東に住んでいる友達もみんな生存が確認できました。
でもそれが当たり前じゃなく、幸せなことなんだなと。


2011年3月11日から丸2年。

被災者ではないわたしにとってこの日は、命の大切さと家族や友達の大切さ、何より日常生活のありがたみを再確認する1日です。


人間というのは慣れる・忘れる生き物ですから、何度も何度も思い出さなければいけません。


非被災者のわたしが一番しなくてはいけないことは、1日いちにちを全力で生きることだと思っています。

テーマ : 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~ - ジャンル : その他

躍動するウーパールーパー

タイトルがおおげさすぎますが。

▽ロケット発射▽
image_20130307223713.jpg



image_20130307223715.jpg





image_20130307223612.jpg



image_20130307223614.jpg
△シャトル打ち上げ△



ぽ〜としてるうぱさんもすきですが、こんな風に泳ぎ回ってるときも見ていて楽しいです。

きのうと今日は断食で、明日は餌の日です。

今カルシウムが豊富な餌を調べ中です。

ウーパールーパーにカルシウムが必要なのかと聞かれたらわかりませんが、脊椎動物で骨があるし摂りすぎに気をつければ、摂らないよりは摂る方がいいかなあと思いまして。


リンが少ない餌を探したらいいのかなあ?

テーマ : ウーパールーパーな日々 - ジャンル : ペット

わんわんにでれでれ

従姉妹の家のトイプーに未来のお嫁さんが来ました。

かあわいい~(*´ω`*)


ほわほわで薄めのアプリコット色の毛!
黒いたれ目!丸い鼻!
テディベアみたいね。

のぞきに行ったら、ご飯食べたところだったらしくおなかぽっこり。
犬のおなかぽっこりって、ベビー~ヤングまでの特権ですよねえ。


先住の黒ぷーがすねないように、
30分くらい遊び倒してから、黒ぷーをお母さんに預けて隅の方でこっそり新入りさんをぎゅ。

かあわええ~(*´ω`*)


まだ上手にトイレを覚え切れていないらしく、何回か失敗してしまったようでちょっと臭いの。
でもかわいいからぎゅっとしてしまう。←


生後半年なので子犬っていうほど小さくないんですが、やっぱり黒い子と比べたら一回りは小さかったです。
健康に大きくなる呪いをかけておきました。(笑)


写真を撮ろうと思ったら、先住の黒ぷーさんがこっちを見ていたのでこの子ひねたらだめだと思い黒ぷーさんにうりうりしたりぎゅーっとしたりしておきました。かわいい。

ペットショップに行ったときにいつも思うんですが、
犬や猫は大きくなると値段が下がりますよね。

爬虫類や両生類は大きい方が値段があがりますね。

やっぱり両生類や爬虫類は、小さいときの突然死とかあるからかなあと思いました。



新しく来たといぷーちゃんも、上の段にいた別の生後3カ月のといぷーちゃんの3分の1の値段でした。
大きくなった犬は売れにくいからか知りませんが、もしそのお店で売れなかったら違う県にあるペットショップに移されるそうです。
びっくりしました。

続きを読む »

テーマ : 日記 - ジャンル : ペット

餌の量と成長

きのうが餌の日だってので、今日は休息日。

おりばの60cm水槽の水を10リットルほど交換しました。
前の水換えが2月25日だったので、1週間ちょいですかね。

地面の近くでホースをごわごわと振ったら沈んでいたごみなどが舞いました。
アカムシの食べ残しっぽいやつとか、水草の枯れたのとか。

吸えるゴミが吸い取りながらちょびっとの水変え。

水を捨てるときに、ハイターをいれて排水口に流そうとしたらバケツいっぱいにいれすぎたせいかバランスを崩してしまい、服にかけてしまいました。
部屋着だったし、普通の水槽の水なら洗えばいいやと思うんですが、ハイターをいれた後だったのでだめっぽいなと思ったのでその服はさよならすることに・・・。

あたたかくて気に入ってたのにちょっと残念ですか、おなかのとこらへんがハイター水でびっしゃびしゃになったので(´;ω;`)

そして水換えが終わってからは、ちょっと現実逃避。←

うぱ水槽の前でじーっとしている時間(座布団持参)です。

眺めていたら、ふれさの鰓の細かいふわふわの部分が伸びたなあと思いました。
それとなくなっていた、向かって左側の2番目のところもだいぶ回復してきたように思います。

▽浮いてる▽
image_20130307114917.jpg




おりばの外鰓は、右と左が非対称なんですが、どちらもだんだんとしっかりしてきたように感じます。

image_20130307114916.jpg
△お気に入りの場所△



うちに来て1カ月半ほどでこんなに成長するのか、といった気持ちです。

餌はそんなに多めにしているつもりはないんですが、どこからそんなエネルギーがやってくるんでしょうね。
今まで食べてもらったことがあるのは冷凍赤虫・イトミミズ・冷凍川エビ・イナゴ・コオロギです。
それもどれも2日置きの3日に1回で、赤虫なら2匹で1ブロックくらい、イトメは直径1cmくらいのイトメボールをそれぞれに、冷凍川エビは2尾を切り刻んで2匹に、イナゴはおやつ程度に1口、コオロギは5mmくらいのをそれぞれ1匹。

うぱさんから出て来るフンと見比べても、そんなにばりばり吸収されている感じはないのに生き物の体って不思議ですね。

少ない栄養で、こんなにどんどん大きくなって大丈夫なのかな?と思うくらいです。


そして少ない餌にできる限りの栄養を詰め込もうと、今日もわたしはコオロギさんのお世話をせっせとしておりました・・・。


※コオロギ画像がありますので、追記に。

続きを読む »

テーマ : ウーパールーパーな日々 - ジャンル : ペット

うぱさんにかまれたよー!

きのうからコオロギの餌をニンジンにしてみました。
ピューラーで薄切りにしていれておくと、コオロギたちはけっこう食べているみたいです。

この前コオロギの数を数えたら、1匹多かったんです。
うちの家に来てから2匹しんでしまって、1匹(従姉妹の家の)カメ吉にあげたんですがなぜかケースの中には8匹・・・。
まだ卵を産むような大きさのコオロギでもないし、もし卵から孵ったのなら全部大きすぎる!店員さんが間違えて11匹いれてしまったのかな?と思っていたんですが、きのう真実にやっと辿り着きました。

わたしがしんでる・・・と思っていた2匹目は、脱皮したコオロギの“皮”だったんです!

きのう脱皮中のコオロギについていた皮を見て、これは!と。

共食いで、体液吸われてぺらぺらになったんだと思っていたら、本当に中身は何もなくなっていたんですね。(笑)

コオロギたちもなんとかキープできています。
カメ吉は喜んで食べてくれました。


そして今日はウーパールーパーたちの餌の日でした。

冷凍赤虫!

3日前のコオロギの量が少なめだったせいか、ふれさもおりばもなんだかおなかすっきり。

そして赤虫を投入・・・。

としていたら、

ふれさに手を噛まれた!

冷凍赤虫を底にしいてある皿の上に置くために、ピンセットで赤虫を散らばらないように沈めていたら、手の甲までいつも水に浸かってしまうんですが、ちょうどそのときに水面近くを泳いでいたふれさが近づいてきて、私の手の甲をぱくっと!

全然口ではさまれた、という感じはなくてただ何かが当たっただけといった感触だったので全然痛くはなかったんですが、すごくびっくりしました。

ふれさの方も、食べられないものには興味がないのか、すぐに離れていきました。

そしてすぐに餌を探して地面をうろうろ。

隙間の赤虫も見逃さない!
image_20130306093555.jpg




おりばの方と言えば、餌を入れてもすぐには気付かず水面で大開脚。

image_20130306092105.jpg
△バランスをとってる?△



水槽からピンセットを出した後にようやく気付いて、一生懸命探していました。
久しぶりの冷凍赤虫なので、これを食べてしっかりフンを出してね!という気持ちです。

テーマ : ウーパールーパーな日々 - ジャンル : ペット

夢のうぱ水槽

3月に入ったので、うぱさんたちの体長チェックをしたいんですが、忙しいのでうぱさんが全面で横をむいてくれるまで長時間水槽に張り付いていられなくてまだ測っていません。

ウーパールーパーのいる水槽は、何時間でも眺めていられます。
ふれさもおりばも、たくさん泳いでいるときも、生きているのかな?と思うくらいピクリとも動かないときもあるんですがどちらの場合でも水槽を覗いているとすぐに時間が過ぎてしまいます。


うぱさんが家に来てからというもの、毎日がとっても楽しいです。

ふれさやおりばの体調を心配したりしておなかが痛くなることも、めろこがしんでしまったとき悲しいやら自分の無知さに吐きそうになったりもしましたが、その何倍も幸せな気持ちになれます。

そしてどんどん、夢が広がります。


より良い環境をうぱさんに提供したい!という気持ちです。


そしていろんな水槽の写真などを見てわたしが夢見たのが、「ベッドの上に水槽がある。の図」です。
海外セレブの家にある水槽っぽかったんですが、こんな感じでした。

image_20130304165801.jpg
△精一杯の絵心△



セレブの家の水槽はアーチ型じゃなくて、角がある四角をくりぬいたような感じだったんですが、すっごい勢いよく泳ぐうぱさんのための水槽なら、アーチがいいと思いました。

でも前面が曲がっていると水の中がかなり歪んで見えそうなので角が折り曲げ式の四角柱がアーチを描いているといいなと思います。

ベッドに寝転がったり座ったりしながら、うぱさんが泳いでいるのを見たりしたいものです。


でもこの水槽は全然現実的じゃありません。

アーチ型をしていることによってメンテはどうやってするの?という感じだし餌を入れるのも大変だしそもそもこの形ではアクリルに変な負担がかかるので、すごい分厚さのアクリルじゃないと強度が保てないでしょう。

しかも下の方にある水草ってどうやって植えるればいいんだろう。(笑)


そしてこれは地震大国日本ではかなり無茶な水槽です。
寝ている間に地震が来たら、大型アーチ水槽の下敷きに・・・。

寝ながらうぱさんウォッチングは夢の中のお話です。

▽イメージ図1▽
image_20130304104737.jpg



わたしにとっての夢の水槽はこんな感じなんですが、うぱさんにとっての夢の環境はどんな感じなのかな。

image_20130304104739.jpg
△イメージ図2△



わたしもふれさもおりばも知らない、うぱさんの故郷はどんなところなのかな。


昔むかしのメキシコの湖は、きっと豊かな水源だったんじゃないかな、と。
ぽわ~としているうぱさんたちを見ていたらなんとなくそんな気がします。

テーマ : ウーパールーパーな日々 - ジャンル : ペット

ウーパールーパーにコオロギ

今日はわけあっていつもと違うペットショップに行きました。
そのショップは、ウーパールーパーはいないんですが両生類・爬虫類がかなり多いお店なので見ているだけで楽しかったです。

フトアゴさんは、2,3日前に新しい家族のもとに行ってしまったそうでお店にはいませんでした。
最近はトカゲやヤモリやヘビが人気だそうで、例年よりもたくさんの人が見に来ているんだそうです。
巳年だから・・・?~>゜)~~~


そこでコオロギのキープの方法とかいろいろ聞いてみました。
というのも、うちのコオロギが共食いで1匹しんでいたんです・・・。

10匹のスペース的に狭いのかなとか、巣材が新聞紙なのがいけないのかなとかいろいろ考えていたのでスタッフさんに相談したんですが、フタホシは餌があってもなくてもスペースが本当に広くないと共食いするみたいです。

困った。

まあでも小松菜をかじっている歯型を確認できたし、コオロギの餌を食べているところも確認できたので良しとしています。
ちなみにコオロギは、朝・夜と水を換えて、毎日餌を全部取り出して新しいものに換えて、2日に1回はコオロギを別の入れ物にやってケースを丸洗いして、巣材も全取り換えしています。

うぱさんよりも手がかかっている・・・!


そんなコオロギなんですが、そのショップにSSサイズのミニミニコオロギがいるとのことなので見せてもらいました。
フタホシコオロギだったので、もうね、ゴキブリのちみっこいころのやつといっしょ。

そっくりとかじゃなくてね、どっからどう見てもゴキブリのちっこいの。

昔飲食店でアルバイトをしていたときに、段ボールにゴキブリの卵がついていてそこからゴキブリが生まれるのを見たんですが、コオロギのSSサイズはまさにそれ!


あ、もしGの話苦手な方がいたらすいません。←


でも、ショップから出るときにはわたしの手にはSSサイズのG・・・コオロギが5匹入ったビニール袋が握られていました。

このサイズよりも小さい、本当に生まれたてのSSSというゴマ粒サイズもあるそうですが、管理が大変すぎるので取り扱っていないみたいです。



小さいコオロギを見ていると、唐突に

このサイズならおりばはともかくとして・・・ふれさはいけるんじゃないかな?

そんな安直な考えが頭をよぎったんです。


2,3日ガットローディングしないといけないかなとも思ったんですが、コオロギのケースを見せてもらったらコオロギフードと野菜くずにむらがっていたのでむしろ今が一番の食べごろなんじゃないかな、と。

なのでうぱさんたちにコオロギをあげてみることにしました!

できるだけ小さいのください!と言ったので、もう5mmもないくらいのミニコオロギたちが我が家に。
プラケースに水入れと餌入れと小松菜をまるまる1枚と細かくちぎったのをいれて、ケースの蓋と本体の間にキッチンペーパーを挟みました。脱走防止のためです。


そして夜・・・。
うぱさんたちのお食事の時間です。

SSサイズのコオロギの中から、一番小さい2匹をピンセットで捕獲します。ビニール手袋着用です。

そしてまず、水面近くでぷか~っとしていたおりばの顔の前にフタホシの脚をピンセットでつまんで近づけてみました。

じたばたしていたコオロギは水につけたら、すぐに大人しくなりました。

ゆっくりと、口元に・・・と思ったら!

おりばが泳いで来てちゅるんとコオロギを丸のみしてしまいました。
餌としてはかなり大き目な部類のコオロギ(丸ごと)なのに、口の中でコオロギをもごもごしながらすっごく上手に食べるんです!
口からコオロギの触角がはみ出てるよ!おりばさんかっこいい!


なんだかいつもエビやアカムシをピンセットからあげるときは、すっごい興奮した感じで突撃してきてピンセットにかじりつくのにコオロギはとっても冷静に食べていました。

1匹食べておりばは泳ぎながらもがもがしてたので、次はふれさのところへ。
おりばには5匹の中で一番小さいコオロギをあげました。
なのでふれさには自動的に2番目に小さいやつになります。

ふれさは地面にいたんですが、コオロギをつまんだピンセットを入れたらすぐに気づいて近づいてきました。
コオロギがちょっと大きいかな?と思ったんですが・・・。

ふれさもゆっくり近づいてきて、ちゅるん!ってコオロギだけを上手に口に入れました。
ピンセットへの突撃も、ピンセットかじりもないなんて!という感じです。


そして泳ぎながらもがもがコオロギを食べていました。
途中で、半分くらいコオロギを口から出していたんですが上手く租借できたみたいです。

うぱさんって、こんなにスムーズに餌食べられるんだ・・・とびっくりでした。

いつも食べてもらう餌の量の半分くらいの大きさだったんですが、コオロギはアカムシよりも消化は悪そうだなと思ったので、その1匹だけにしときました。


コオロギがうぱさんを噛んだりしないかが心配だったんですが、小さいコオロギは水の中につけると動きが鈍ったのでそんなこともなさそう。
脚だけが少し動いている感じで、うぱさんもコオロギを認識はしていたのでちょうどいい感じでした。

しばらく様子を見て何も問題なさそうなら、たま~にコオロギをあげたいなと思いました。

初めての食べ物のときは、その後の体調なんかが気になります。
特に活き餌だと、相手側(餌)にも意志があってこちらには思いがけない行動をとるかもしれないですし、慎重に観察しないといけないなと思います。




そしてですね、例によってコオロギの取り扱いにいっぱいいっぱいだったのうぱさんの写真を撮るのを忘れてしまいましたorz

また、どんどんコオロギに対する抵抗感がなくなっている自分を感じます。
これはわたしの成長です。(笑)

テーマ : ウーパールーパーな日々 - ジャンル : ペット

とってもはっぴーばーすでー

きのうは誕生日でした。(アピールではありません)

わたしはこの4月で社会人になって丸1年です。
でもその前の大学3回・4回のときに授業がもうほとんどなくて休みなのをいいことに今の会社でほとんどフルタイムでバイトしていたので気分的には3年目くらいの気持ちです。

バイトをしているときと、正社員との今では就業時間が変わらないのでまだバイト気分というのが正直なところ。
でもやっぱり正社員とバイトでは大きな違いがあります。

それは・・・。

お給料です。(特にボーナスと成果報酬がデカイ)

バイトのころは自分のことだけに必死で、遊ぶためのお金や洋服などを買うためのお金でお給料の全部がぶっ飛んでいましたが、今では雀の涙ほど・・・ベビーうぱのフンほど・・・(ちょびっとの意)ですがお家にも生活費をいれることができています。
びば・正社員です。

うぱさんをお家に迎えようと思ったのも、水槽などの環境設備をはじめ、餌やうぱさん自身を買うお金を自分で捻出できるようになったからです。
うぱさんに関するものは、自分の財産から!というのがわたしの密かなポリシーです。
そうすることによって、どんな設備を買おうが餌を買おうが、新しいうぱさんを迎えようが、家族には口出しされにくい環境をつくっています。←

また、バイトをフルタイムでしていたころにちょうど成人を迎えたので、誕生日プレゼント・クリスマスプレゼントとお年玉といったイベント類がわたしの人生から消えました。
大人になるってつらいことなんだなと思ったので、親戚のちびっこに会うたびいつも

「ゆっくり大人になるんだよ。」

と声をかけています。

「○○ちゃんと○○くんはいい子だね~。生まれてきてくれただけで、笑顔でいてくれるだけではなまるまんてんっ!」と、周りにひかれるくらいでろ甘で
ことあるごとにお小遣いをあげるだめな親戚のおばちゃんになっています。


完全に話がそれました。
そんな感じなのでここ数年の誕生日は、ケーキを買ってもらってそれを食べるとか、外食に行くくらいだったんですが。

きのう家に帰ったらお父さんが隣の部屋を指指して
「置いといたで!」

と言ってきました。

白いビニール袋だったのでケーキかな?と思ったんですが、
机の上に乗っている袋に書いてあるロゴは、いつも行くふれさやおりばがいたペットショップのもの。


もしかして・・・。

いったん予想がついて答えが浮かんでくると不思議ですよね、なんだかカサカサという音が自然と耳に入ってくるんです。
ケーキかなと思っていたときには全然気にならなかった音なのに。


「とりあえず、10匹くらいでよかった?」










※昆虫の写真が入ります

続きを読む »

テーマ : 日記 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。