スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うぱの色が変化する?

うちの家は基本的に昼間みんな仕事に出かけているので、朝か夕方からしか人がいません。

そして水槽の置き場上、昼間も一切と言っていいほど日光が当たらないんですよね。
でも部屋を閉め切っているおかげか、水温はヒーターなど何もなしでも今の時期で1日中15~17℃の間の変化なので、うぱさんにとっては安心な水温です。
まだまだ夏は分かりませんが・・・。

あ、水温の話しは置いておいて。←


きのう家に帰って、3匹が元気かなーと水槽を見るために部屋の電気をつけると


だれ?130131
△写真だとまし△



んん?ふれさとおりばの水槽に見たことない色のうぱさんがいる(°o°)

▽近付いてみると▽
おりばです。



おりばくんでした。

普段のおりばはもうちょっと黒が濃いです。

光の加減が違うのと、撮り方が悪いのとで写真だと分かりにくいんですが、
リューシのふれさがちょっと黒くなったのかと思うくらいのうすーいグレーになっていました。

▽参考までに、きのうの黒さ▽
えさ捜し中のおりば130131



うぱさんの体表面の色素は、光に反応して大きくなったり小さくなったりするそうなので曇りの日で1日中部屋が真っ暗だったからおりばの色素が縮んでいったのかもしれませんね。

ウーパールーパーの色の不思議を体感しました。


リューシのふれさとめろこも色の変化とかあるかな?と思って見ています。

同じリューシでもふれさはそばかすみたいなてんてんはありません。


早すぎるふれさ130201
△泳ぎまわって撮影拒否△



でも実は今見えていないだけで環境や成長の違いで出てきたりするんでしょうか?
めろこにはおでこと背中に黒いそばかすが見てとれます。

▽ピントが合わない▽
今日のめろこさん130131



今日はふれさとおりばは断食。
めろこもきのうイトメを食べすぎていたのか、おなかがまるまるだったので断食してもらっています。


特に用もないのに水槽の前でうずくまって覗き込んでいるわたしをうぱさんたちはどう思っているんでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ : ☆水槽の中☆ - ジャンル : ペット

ウーパールーパーのすくい方

きのうはおりばもふれさも断食していて、めろこもフンをしていなかったので内臓を休める日として餌をなしにしました。
ちみっこいうぱさんなので、餌抜きは気が引けますが毎日あげるのはなあと思って1日抜いてみることに。

そのかわり今日はめろにたっぷりイトミミズを食べてもらいました!

fuu-rinさんからいただいたコメントを見て、やっぱり冷凍赤虫ばっかりじゃなあと思ったのでイトメを購入することにしました。
イトメを長持ちさせる方法も教えていただいて感謝です。
こちらでもお礼を・・・ありがとうございます。


イトメを買いにペットショップに行ったら、外付けのサテライトが!
エアーポンプでぶくぶくとして水と空気を送るタイプのもので、めろこがいた中付けのものよりも大きい!

実は中付けのサテライトの隙間に、ふれさが入って(はさまって?)じたばたしていたことがあったのでもし大きくなるにつれてはさまって抜けなくなっちゃったらどうしよう・・・それ以前にこんな狭いところにいて怪我でもしたら・・・と思ったので、この機会に外付けサテライトにめろこは引っ越してもらうことにしました!


▽めろこの新しいサテライト▽
新しいサテライト



水槽周りがごちゃごちゃと散らかっていて恥ずかしいんですが(笑)
こんな感じになりました。

スドーさんのサテライトLというやつです。
水流を弱くしておかないと、めろこがゆらゆらしていると不安なのでエアーポンプも1リットル/1分の弱いものを購入。

さらに泡を細かくする部品も追加購入。

スドーサテライトの部品
△吸い込み口に取り付けます△



サテライト自体が798円、エアーポンプが765円、追加の部品が398円だったので2000円くらいにおさまりました。


前のサテライトからめろこに移動してもらうときなんですが、網ですくうと暴れて皮膚が擦れて怖いので、コップを中に入れてその中にめろをそっと入れて、水と一緒にすくう感じで移動してもらいました。



めろこの移動が終わったらご飯の時間です。


水槽の上でごそごそしていたので餌だと分かったのか、ふれさもおりばも水槽の前面に近付いてきました(*>ω<*)

▽逆立ち中▽
えさくれーのふれさ130130

えさ捜し中のおりば130130
△餌皿の周りをうろうろ△



5mmくらいずつに小分けしたイトメボールを1つ餌皿の上に置いて、
後はまた5mmくらいのイトメをピンセットでつまんでうぱさんの顔の前でふりふりして餌皿の上まで誘導する。
これを1匹ずつやるとイトメは動いているので皿の上にいるやつでも食べてくれました!


底に落ちた餌に見向きもしなかったおりばも、ちゃんとイトメを食べてくれました*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ばくばくと食べてまたおなかぽっこりになっていました。
ちゃんと消化してフンをしているかチェックが必要です。


ふれさはそんなにがっついている感じはなかったです。


そしてめろこですが・・・。
もっとイトメを細かく切ってあげればよかった。ごめんね。
でも丸のみです。めろは強い子だ。


▽頭もイトメ色▽
ほおばりすぎのめろこ130130

おなかいっぱいのめろ130130
△おなかもイトメ色△



量が多かったでしょうか・・・。
消化するためなのか、1時間後に見てもこの状態のままでした。

外付けのサテライトだと、こんな風におなかの様子が見えるのが便利ですね!(笑)



めろこの引っ越しと、イトメの日でした。

テーマ : ☆水槽の中☆ - ジャンル : ペット

うぱさんの水槽

いつもうぱさんの写真はiPhone5(愛称あいぽんたん)か、iPadで撮影しています。

iPhoneやiPadからパソコンに写真を送って、パソコンから画像をアップすると、縦で撮った写真が携帯などから見たときに90度回転してしまうので、iPhoneやiPadから画像をアップロードしてから、パソコンで記事を書くというめんどくさいことになっています。

それはまあいいんですが・・・データフォルダがうぱさんだらけ、ほくほく。
と毎日眺めていたんですが!が!が!


きのうは3匹の写真を撮るのを忘れてしまっていました。

毎日かかさず写真を撮って、たまってきたらスライドショーにしようと思っていたのに。
365日のうぱさんに・・・。

撮り忘れてしまったのが残念です。


きのうは胃にまだ赤虫が残っていたので3匹とも断食の日にして水槽を触りませんでした。
でもうぱさんを眺めていたのになぜ写真を撮り忘れたのか・・・心当たりはひとつです。



お父さんに向かって、120cm幅の水槽が置きたいごねることに必死だったからです。

うちの家にもうすぐフレッ●光の回線工事が来るので、それが終わるまでは大きな水槽を置けないんですが工事が終わったら新しい水槽を購入しようと思っているんです。


テレビ台のところに置くのはうぱさんたちがうるさいだろうし、やめようと言うことになりまして。
それで水槽の置き場所や水槽台をどんなのにするかという相談をしているときに、部屋の角の長さを測ってみると140cmくらいあったので、


この場所なら120cmの水槽が置けるよ!

ということに気付いたので、90cmと言われていた水槽を120cmにしたくなったんです。
でもパピーは猛反対です。狭い部屋にそんなの置けない!重さで床がへこむ!と。


でも今水槽を置いている部屋には、ピアノがあるんです。
ピアノはだいたい180cm×60cm×120cmくらいでしょうか。

そこでわたしは、
「このピアノをどけたら120cm水槽どころか、180cm水槽でも置ける!水の重さも大丈夫!」と言ったんですね。

そしたら次はお母さんが

「20年前、娘に夢を抱いて買ったピアノがウーパールーパーに負けた。」とがっくり。


このピアノはもうかれこれ5年くらいは音を出していません。(笑)
仕事でパソコンを触るのでキーボードを叩くのは早いんですが、もうピアノを弾けるくらいの指の動きは残っていないです。マミー、ごめんね。


120cm水槽を置きたくて、3時間くらいごねていたんですが、パピーは「あかん!」の一点張りです。

120cmのやつがいいよ~!
と、22歳とは思えないだだのこねかたをしてみたんですが。←
床に寝そべって「わたしの身長が150cmだから、ほら120cm水槽なんか余裕で入る!」と言ってみたり。←
ソファーの上で、ワニが餌を食べるときにする『デスロール』のごとくごろごろしてみたり。←

でもなかなかうんと言ってもらえませんでした。

とりあえずピアノがなくなれば部屋も広くなるし、壁が空いてたらさみしいからパピマミも気が変わるだろうと思うので、とりあえずピアノ売ろう!って提案しておきました。


最終的にお父さんはあきれたのか、
「この部屋(リビング)に水半分くらい入れてうぱと一緒に浸かっとけ。」
と言ってました。
それができたら大きい水槽が欲しいなんて言いませんよねO(`ω´)○(本気)




この前のお給料から、もう水槽と水槽台を買うための分のお金は取ってあるのに・・・。



広い水槽の中で壁にぶつかることなく泳いでるウーパールーパー。
モスの山の上をのしのし歩いているウーパールーパー。

想像するだけで大型水槽への夢が広がります。
120cm水槽の立ち上げってすごく大変そうですが、うぱさんにはできるだけ広い空間ですごしてもらいたいです。

テーマ : ☆水槽の中☆ - ジャンル : ペット

うぱさんの餌の頻度

きのうはめずらしくおりばが水槽の側面をのぼっていたのでおなかの様子を見ることができました。
ふれさはよくぷか~と浮かんだり水槽の壁に沿って泳いだりするし、全身がまだスケルトンなのでおなかの様子を見やすいんですが、おりばをこんなにはっきり見られるのは初めてくらいです。

▽暗くて分かりにくいですが▽
ふれさの内臓130129



きのうの夜の写真なので、日曜日に餌をあげてからちょうど24時間くらいたったときです。
おりばがフンをしているか不安だったんですが、きのうおしりからぶらさげているところを発見!

ちゃんと出してくれていて良かった~(^ω^)


日曜日は餌を控えめにしていたので、きのうもう少し冷凍赤虫を3匹に。



赤虫が砂の上に散らばってしまうと、ふれさとおりばは上手くさがせないしどれだけ食べたのかというのが分かりにくくなってしまうので、前にいろいろ見ていたときにあるブログで紹介されていた餌皿を置くことに!

いやがるかな~と思ったんですが、元々この皿で冷凍赤虫を融かしていたから匂いがついているんでしょうか?
餌を食べるときのぴょん!というジャンプをしていました。


餌をピンセットであげたら口に入りきらなかったのが皿の上へ。

▽皿の上のふれさ▽
餌皿投入130128


ふれさと餌皿130129
△皿の上の餌を狙う△



ふれさは餌が地面にあったら見つけてぴょん!と跳ねて食べられます。
でもおりばは餌がいらないのか、見つけるのが下手なのか、手の下に赤虫があってもぱくついたりはしません。

しょうがないのでピンセットでひろって口元へ。


めろこも自分から地面に落ちている餌を食べるということはしませんね。

サテライトにいるのですぐに食べ残しの餌を拾えるからいいんですが・・・。

image_20130129100531.jpg
△餌が周りに落ちてても無視△




自然界なら誰も口元に餌なんかくれないよ!この子たちはどうするつもりなの!
とか言いながら自然界の赤虫は生きてうにょうにょしているから自然と食いつくんでしょうね。


もうちょっと大きくなったら生きている餌なんかもあげてみたいです。


冷凍赤虫が続いてしまったので他の餌をあげたいです。
でも冷凍ミジンコに挑戦するか、またイトミミズを買ってくるか悩んでいます。

実はイトメがあまりすぎてしまって困ったので家族に反対されています・・・。
何か他に変化させられるようなものはないでしょうか。

あまり大きなものは食べさせられないので悩みます。

ふれさとおりばはもうちょっとしたら人工餌にもチャレンジしてもらおうと思います。

テーマ : ☆水槽の中☆ - ジャンル : ペット

うぱの外鰓から

タイトルは『世界の車窓から』風に読んでいただきたいです。


きのうは中1日空けた餌Dayで、ふれさ・おりば・めろこに冷凍赤虫を食べてもらいました。

リューシうぱのふれさはピンセットを水槽の中にいれて近くで揺らしたら近付いてきてくれます。いい子。

▽解凍前の冷凍赤虫▽
ふれさとおりばとめれこの冷凍赤虫



↑これを自然解凍して、ピンセットでつまんで口元へ・・・。
水の中に赤虫を入れるとふよふよと何本か漂うのでそれをふれさがすかさずぱく!っと。
したときに事件が起こりました。

一度にほおばりすぎたんでしょう。
口に入りきらなかった赤虫さん。ふされの口からはみ出る赤い糸!
周りにぶわって舞ってしまったのでどれぐらい食べたのかなーと量を確認しようとしたら・・・。

ふれさの外鰓から130128
△口からも鰓からも△



写真が鮮明じゃないので分かりにくいんですが、ふれさの外鰓のところから赤虫が出ています。
手のところに赤いひょろひょろが見えるやつです。思わず写真撮影。←
今までこんなことなかったのでびっくりしたんですが、口と外鰓の穴はつながっているそこから餌が出てしまうこともあるというのをネットで見ていたので動揺はしませんでした。
でも実際に見ると心配になりますね。痛くないんでしょうか?

なんか、そばを食べていたら鼻に入っちゃったときを想像して・・・なんとも言えない気持ちです。
汚い表現ですいません。(笑)


10分くらいはこのままだったんですが、ふれさが口をぱくぱくとしたらだいぶひっこんで外鰓と同じくらいの長さになっていました。
外鰓のところにつまったりしない?これ炎症を起こしたりしないかな?!
と時間がたつにつれて心配になっていったんですが、お母さんから
「誤嚥性肺炎か!」と言われました・・・。
介護をやっている人にはあまり笑えない冗談ですね。

この後おりばも同じように外鰓から赤虫を出していたので、けっこう頻繁に起こることみたいですね。
いつのまにかなくなっていました。
外に出たのか、うぱさんが吸い込んだのか。

どちらにしてもつまったままじゃなくて良かったです。
鰓のところに餌があったら、もう1匹がかじりに来たりすると危ないですからね。


そしてきのうは、水槽を立ち上げてから1週間ちょっとたっていたのと、
水面から『金魚すくいの匂い』と我が家で読んでいる魚の水槽独特の匂いがしたので水換えをすることに。

PHとかアンモニアの量などを調べるキットを購入して水の状態をチェックしたいんですが、いかんせん勉強不足なので「PHが7だ!」とか調べたところでわたしに何ができるんだろう?と思い検査する道具の購入は見送りました。

形だけちゃんとしても、実が伴ってなくてはだめですよね!

PHとか硝酸なんとかを調べて適切な水質にしてあげたいんですが、そのための薬や流木やサンゴなどを勉強不足のわたしが取り扱うことの方が危険だなと思ったわけです。
急激に水質を変化させてしまうことの方が怖かったので。


そこで過去に熱帯魚やカメがいたときの経験(?)から、自らの五感を信じてみました。
見た目はそれほど汚れてなかったんですが、やっぱりイトミミズや赤虫をいれてうぱさんたちが食べそこなっているものが残っていたりフンなどもあったりするので1週間もすると匂いがありましたね。

もっと微生物が活躍してくれている水槽だと、食べ残しの餌やフンなども分解してくれるからこんなにすぐ匂いが出ることはないんでしょうけれど、やっぱり立ち上げから数日だとしょうがないですよね。

100円均一ショップで買っておいた8リットルバケツに2杯ほど抜きました。
そこにカルキ抜きをして朝から同じ部屋に置いていた水温度の変化もなく交換できました。


▽新しい水はどうでしょうか▽
おりば130126




↑この写真はおりばがとっても可愛く撮れているのでお気に入りです(^ω^)
きのう自分のネイルをしにサロンに行ったんですが、
「最近ウーパールーパーがうちに来まして・・・」という話になったとき
ネイリストさんたちはみんな「え!」という感じだったんですが、
このおりばの写真を見せたら、かわいいと言ってもらえました(*^ω^*)

「ウーパールーパーって、もっと大きくてぬるっとしてるイメージ!」
とおっしゃってたので、

この子もそうなります。

と心の中で返事しておきました。
ぬるっと大きなうぱさんに健康に成長してくれるということないですね。


ふれさとおりばはこの1週間で脚がしっかりして、鰓が伸びています。

そしてめろこの脚の付け根の部分に骨のようなものが・・・。
これは脚ができてきているんでしょうか?


▽これは脚なのかな▽
めろこの脚




ゆっくりですが、ちょっとずつ成長しているのを感じられます。

わたしもうぱさんと一緒に成長しなくては!

テーマ : ☆水槽の中☆ - ジャンル : ペット

ウーパールーパーの便秘?

うぱさんの成長が分かるように、毎日ブログを書いて写真を載せようと思っているんですが
金曜日に水槽を見ていたらおりばがあんまりフンをしていないなあと心配になりおなかがぽっこりしているのも気になって気になって・・・。
木曜日は断食していたので、冷凍赤虫を餌にしたんですがやっぱり便秘じゃないかと心配になりました。


やっぱり砂を食べてるからだめなのかな、とか
ベアタンクの方がいいのかな、とか
「ウーパールーパー やさしい飼い方」という本を買ってきて読んだり、
ネットでウーパールーパーの便秘について調べたりしていると時間が過ぎていってしまいました。

▽ピンぼけしていますが▽
ふれさとおりば



写真みたいに、ふれさとおりばを比べてもおりばの方がおなかぽっこり。
これは最後に餌を食べてから36時間後くらいの状態です。
この写真では分かりにくいんですが、ふれさの胃はちぢまっているのに対して、おりばの胃はちょっとふくらんでいたんですよね。

砂を食べているから、腸が詰まってるのかなあと悩んでいたんですが
今日の朝起きたら底にフンが落ちていたし、おりばのおなかぽっこりもおさまっていました。




ちょっと安心したのと同時に、心配しても本当に何もしてあげられないんだなあと実感しました。
エキゾチックアニマルと呼ばれるウーパールーパー。
動物病院で診察してくれるところも少ない上に、診てもらっても助からない場合も多いとか。

もともと体が再生するくらいに生命力の強い生き物です。
だからそのうぱさんが目に見て分かるくらいまで体調を崩してしまうというのはよっぽどのことで、そうなってしまっては打つ手がないという状況になってしまっているかもしれません。


今回おりばの便秘っぽい症状が数日だったので、おりば自身が元気で泳ぎまわっていて、食欲もあってくれたので良かったです。
でもなぜおりばがおなかぽっこりになってしまったのかという理由がはっきり分かっていないのが怖いです。

砂を食べているからなのか、餌の量なのか、体のつくりなのか・・・。



同じような環境で同じように餌を与えているふれさは便秘になっていません。
でもふれさの方が5mmくらい体が大きいですし、ふれさとおりばでは頭の頭蓋骨の形なども全然違います。
上の写真のように並んでいると良く分かるんですが、ふれさとおりばでは外鰓の形もはっきりと違うのです。


それにちょっとおりばは体が短いように感じます。
これも遺伝的な身体特徴だと思います。


ふれさとおりばの餌なんですが、いつも中1日空けて2日に1回という頻度にしていました。
特に深く考えず量も同じにしていました。
ふれさは餌を抜いた日でも餌を食べた日でもほとんど変わらずぽろぽろとフンをします。
でもおりばは、餌を食べた日の翌日にしかフンをしていなかったんですよね。
ふれさの方が1日だけ早くうちの家に来ているので、1匹のフンの状態をしっかり確認できました。
混泳というのは、フンの観察などウーパールーパーの体調管理の場合でも1匹ずつ個別に飼うよりむつかしいですね。

砂の上にフンがあっても、どちらのものかというのをはっきり区別できません。
うぱさんのおなかのふくらみ具合や、腸のところを見て判断するしかありません。



同じくらいの大きさのうぱさんだからと言って、同じ量・時間で餌をあげていいわけじゃないんだと反省しました。
全部同じにしてしまうのは、それだと手間が1回で済むからというわたしの怠けです。


うぱさんが体調を崩してしまってからでは遅いんだというのをかみしめて、もっと気をつけようと思います。

今回のおりばのフンも、もしかしたらこれがおりばの普通なのかな?
その部分も含めて知っていきたいと思いました。



4日連続で餌を食べていためろこは、胃がぽっこりだったのとフンがそんなにたくさん出ないのできのう断食して今日は冷凍赤虫を2匹食べました。

▽めろこのおなかは分かりやすい▽
めろこのお腹

テーマ : ☆水槽の中☆ - ジャンル : ペット

イトミミズをうぱに

新しくやってきたうぱさんの名前は【めろこ】になりました!
スペイン語で『桃』を意味する「メロコトーン」のめろこです。

桃のようにみずみずしいうぱさんに育ってくれたらいいなと思ってます。

▽金環なしリューシのめろこ▽
ウーパールーパー:リューシ【めろこ】




このめろこなんですが、まだ前脚しか生えていないような稚うぱです。
リューシで透き通っていることもあって、サテライトの中で見失ってしまいびっくりすることも多いです。
ショップの人に、餌は1日2~3回と言われたんですがおなかがぱんぱんなのが見てとれるので餌は1日1回にしています。量は赤虫1cmくらいのを1匹。

ウーパールーパーはもちろん、両生類を飼うのは初めてなのでこの餌の量や頻度が正しいかどうかは分かりません。
けどできるだけふれさとおりばとめろこには健やかに育ってほしいなと思っています。
そのための手間は惜しみません!

ということで、こんなちみっこいときに毎日赤虫だけでいいのか?と思ったので2,3cmのうぱさんが食べるほかの餌を探すことに。

赤虫以外で稚うぱのときにあげるといいものは、ブラインシュリンプという甲殻類やミジンコ、イトミミズがインターネットのHPで紹介されていました。
ブラインシュリンプというのは生まれたてのうぱさんにあげているところが多かったみたいです。

めろこはちみっこいですが、もう前脚もあるしブラインシュリンプは卒業したのかな?と思い、ミジンコとイトミミズを探し求める旅に出ました。


とは言っても、ふれさとおりばのいたペットショップ(車で10分)に行くだけですが。

ここにはこの1週間、2日に1回訪れているので店員のお姉さんと目が合うと笑顔で会釈されるのですっごく恥ずかしいです。でもここのショップは品ぞろえがいいしとっても便利なんです。。。

その店員のお姉さんに、ミジンコとイトミミズありますか?って聞いてみたら、
ミジンコは冷凍のものがあって、イトミミズは生きてるのがあると教えてくれました。

もちろん両方購入です。

イトミミズの飼育方法も分からないですし、1本しか食べないめろこなので大量にいたら困るなあと思ったので売っている単位を聞いたら、小さい直径3cmくらいのおちょこを見せてくれてこれに1杯で315円です。との答え。


こんなちょっとなんだったら、大丈夫!と思ってイトミミズをお願いしました。

そして渡されたのがこれです。



▽イトミミズさん、どーん▽
イトミミズを買った



け、けっこういるなあ・・・。
渡された直後はバラバラの小さい塊だったんですが、家に帰って写真を撮ろうと思ったらこんな風になってました。


うにょうにょしています。

イトミミズを飼う
△プラケースに移し替えました△



細いのも太いのもいるので、さっそくピンセットで1匹引き抜いてめろこの口元に・・・ってしたらめろがびゅーん!と逃げました。
めろこはまだピンセットに慣れていないみたいです。ごめんよ。

しかもここで気づいたんですが、めろこに比べてイトミミズが太い!
ということで、そいつはイトミミズ水槽(ただのプラケース)に戻してほっそいのを選ぶことに。
引っこ抜くと・・・長い。めろこの全長より長い。のでこいつも却下。

ようやくちょうどいい太さ・長さのイトミミズを見つけてつまむと、ピンセットでゆーっくりめろこの前へ。

そしたら、ぱく!と食べてくれました*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
めろの口からイトミミズさんがはみでていたんですが、生きていた・・・。
ばく、ばく、とじわじわ飲み込んでいくめろさん・・・。
こんなにちっちゃいのに、うちの子はしっかりハンターだな!なんて思いました。



そしてイトミミズなんですが、そもそも量が多すぎるしボールになれない弱っているものもいるので、そいつらをちょっとすくってメダカ水槽に。
メダカさんたちもおいしそうにイトミミズをぱくぱく。
おとついときのうは、ふれさたちの食べ残しの冷凍赤虫でしたね。←
残飯処理させてしまって申し訳ないんですが、メダカさんは何でもすぐ食いついてくれるので助かります。
うぱさんたちが大きくなったら、活餌になってくださいね。

ちなみにふれさとおりばは、まだ胃に食べ物が見えたので断食Dayです。
めろに餌をあげていたら、ピンセット=餌やりと思っているのかふわふわ近寄ってきてイトミミズが元気なうちにこいつらにも1本いっとく・・・?と思ったけど、ふれさの内臓が血みたいに赤い部分が気になるし、我慢。


めろこがいたショップの店員さんは小さい内は冷凍赤虫だけでいい、大きくなったら人工餌だけでいい。
と言っていたんですが、その意見はわたし的には???でした。
赤虫は食いつきがいいし、人工餌はたしかにバランスよく作られているでしょう。
でもやっぱり、たまには他の餌をあげないと健康に良くないと思います。
体の健康はもちろんですが、うぱさんにも心があるはずです。
人間も本当に健康を管理して生活するなら、点滴で栄養を補給できます。
でも食事をするということで心が健康になるんですよね。
うぱさんと人間と一緒だというのは違うかもしれませんが、わたしはふれさたちに豊かに生きて欲しいです。

そのためなら、時間や手間がかかってもいいと思っています。
人間のために、水槽で一生を過ごさせるんですからいろんなことを考えてあげたらいいと思うんですよね。

わたしの個人的な思いです。

テーマ : ☆水槽の中☆ - ジャンル : ペット

うぱが砂を食べる

ウーパールーパーの飼育方法で推奨されていることの多いベアタンク。
床に何もしかなくて、つるつるの水槽ってやつですね。
大きな石とかは飲みこんでのどを詰めてしんでしまったりする可能性があるうぱ。

うちのふれさとおりばも、頭より体が細く見えるくらいなので
口に入るものを飲み込んだとしても、
のどを通ってちゃんと体に入るのか?と言われると
ちょっと疑問に思ってしまいます。

でも、このベアタンクでの飼育方法にしようかどうか・・・。
うぱさんを飼おうと思ったときに悩みました。

つるつるのベアタンク。
水が安定しないような気がしたんですよね。
わたしはアクアリウムをしたことがないですし、水質なんていうのは全然知りません。
でも自然界のことを考えたら、砂をいれた方がいいのかなーと思いました。

入れる砂で悩んでいたんですが、飲み込むか飲み込まないかというような微妙な大きさのものを入れるのはいやだなと思ったんです。飲み込んでしまっても、問題なくうぱさんの体を通り抜けるものにしようと。


飼おうと思っているうぱさんは体長5cmにも満たないくらい。
のどの直径は1cmくらいでしょうか。
そして食道の大きさは・・・。
こう考えていく内に、かなーり細かい砂にしようと決めました。

そしてこれはわたしの好みなんですが、白い砂がいいと思っていたので「細かくて白い砂(淡水対応)」を目的においてショップで探しました。

そうしたら、『オーストラリアの白い砂』という商品でさらさらの海岸の砂みたいなのを発見。
これをうぱたちの底砂にしようと決めました。


これで万が一、ふれさとおりばが餌と一緒に砂を飲んでしまっても大丈夫。
間違って口に入ってもちゃんと排出される!

そう思っていたんですが。


おとついは、ふれさとおりばのお腹を見たらまだぽっこりしていたので断食決行。
次の日に見たら白い砂の上にフンがいくつか落ちていたので、こいつらちゃんと消化してるなーと感心してきのうは餌をあげました。冷凍赤虫をピンセットにひとつまみくらい。

ばくう!っていう勢いで食べて量が多すぎたのか、一瞬ぼけーっとしているふれさ。
おりばも満足なのかじーっとしていたんですが、しばらくしてじーっとしていたおりばの様子が変だなって思いました。

一気に食べさせ過ぎたのか?とも思ったんですが、なんだか地面に向かって軽く頭突きみたいなのをしているんですよね。


どうしたんだろう?と思っていたんですが、次の瞬間・・・。

ぱっと頭突きをしたかと思うと、砂を食べている!

おりばが砂を食べる
△砂を食べてるおりば△



口をもぐもぐ・・・はしませんが、はふはふしながら砂食ってやがる(°o°)


そりゃさ、砂を飲み込んでも大丈夫だとは言ったけど。
わざと食べるとは思ってなかったよよよよ。


おりばが砂食べてるよー。とお父さんにちくりに行ったんですが、
「おなか減ってるんちゃうの?」
なんて的外れなことを言ってきました。
口いっぱいに赤虫ほうばってたくせして、おなかが減っててたまるかい!

というか、おなかが減っているからって砂を食べられてはたまりません。



砂を食べるのはおりばだけ、と思っていたんですが。

それから1時間くらいしたら、何やらふれさも不審な動き。



ふれさよ、お前もか(°o°)

ふれさも砂を食べる
△砂を食べてるふれさ△



おりばだけでなく、ふれさも砂食べ。

お父ちゃん!ふれさんも砂食べてる!
と再び言ってみたら。

「砂おいしいんちゃうかー。」

うぱさんがおいしいと思うような砂があってたまるかい。




うちのパパは役に立ってくれなかったので、
「ウーパールーパー 砂 食べる」でぐーぐる先生に聞いてみました。
そうしたらやっぱり食べている子も多いようで一安心。
体を通れるくらいの砂なら大丈夫ってことですよね、先生!


そういえば昔、草食動物が胃の中で食べた草をくだくために石ころを自分で食べるっていうのを本で読みました。
たしか、しまうまか何かだったような・・・。あいまい。


歯がないウーパールーパーだから、おなかの中で砂と一緒に食べ物をこなごなにするのかな?って思いました。


こんな風に積極的に(?)砂を食べるんだったら、底砂をもうちょっと慎重に考える必要がありそうです。
次の水槽のときは底砂ももっと考えます。


白くて、細かくて、うぱさんが食べても安全でむしろいい砂・・・あるんでしょうか?

テーマ : ☆水槽の中☆ - ジャンル : ペット

3匹目のウーパールーパー

グッピー産卵用プラケース
△水槽内に取り付けるタイプ△



きのうは家族で夕食を食べに行った帰りに、
ふれさとおりばがいたところとは違うショップに行きました。
ぶくぶくのホースを止めるためのキスゴムが欲しかったのと、
90cm水槽をチェックしておこうという気持ちでした。

だけど帰ってみたら、グッピー産卵用のプラケース。
これが必要だったので買いました。

そうです、アクアショップにはいたんです。

リューシの稚ウパ
△ちびっこうぱさん△



お、お、お・・・。

りあるにウーパールーパーの水槽の前でこんな声が出ました。
かわええええええってなって、
遠くでエビを見ていたぱぱをダッシュで呼びに行きました。
両親を説得している間に、誰かが買っちゃうかも!
と思ったので、この子キープしててくださいいいい
って店員さんに言うのも忘れずに。←

お父さんに連れて帰るううううう!って言って、
ふれさたちのいる同じ水槽にいれたら完全に餌サイズ。無理。
と言われたので、じゃあこの飼育ケースも買っちゃおう☆~(ゝ。∂)
となって上のグッピー産卵BOXを買ったわけです。
うちにはグッピーはいません。(笑)


ふれさは、リューシなんですが目に金環があるんです。
でもこの子は金環なしのリューシなんですね。
お目めがまっくろでかわええ(*´ω`*)

こんなちびっこうぱ、うちで育てられるのかな?って思ったんですが
店員さんに餌の頻度などを聞いたら
冷凍赤虫を1日2~3回、1本ずつくらいあげてください
とのことでした。
赤虫でいいんかい!と思って・・・。

お父さんは何も言わず黙認状態。
たぶん、これ以上うぱさんを増やすな!という気持ちと
ちびうぱさんかわいいなという葛藤があったんでしょうね。←


「ちっちゃくてかわいい~!」
というお母さんの一言が力になって、
ちびちゃんにうちの家に来てもらうこと決定しました。



ふれざとおりば、また水槽が小さくなるね。(上部分)
ごめんね。

▽ここの隅っこは人気▽
隅っこのふれさとおりば





2月末の電気工事が終わったら、
テレビ台と一緒にエアコンの下のスペースに大きい水槽買うからね。


ちびうぱちゃん、名前はまだない。

うちの家族の仲間入りです。

▽わが家に来た稚ウパ▽
飼育ケースの中の稚ウパ

テーマ : ☆水槽の中☆ - ジャンル : ペット

うぱ同士の混泳途中経過

新入りのうぱさんの名前を決めました!
つやつやに黒いきれいなうぱさんになってねという思いで
スペイン語でオリーブを意味する『オリーバ』から
呼びやすいように【おりば】と名付けました。

ふれさとおりば、仲良くしてくれますように。

きのうは、ふれさとおりばがケンカしたりしないか不安で
(そんなことなら別の水槽で飼えばいいんですが。笑)
朝方まで徹夜で水槽を覗き込んでいました。
おかげで寝不足です。社会人としてどうなんでしょう・・・。


ふれさとおりばは、どっちかが追い回したりすることもなく
2匹とも好き勝手しているような感じです。
ときどきすれ違ったりするときにぶつかって、お互いびっくりしてびゅん!と猛スピードで逃げていきます。
ストレスになってるかな・・・とちょっと心配。

でも今日の朝ねぼけまなこで水槽をのぞいたら
すみっこでくっついていて、角度的におりばの鰓のところにふれさがいたので

「ふれさがおりばの外鰓食べてるうううう?!」
とパニックになったんですが、ふれさはお口閉じたままでした。
じ~っとみてみましたが、2匹とも五体満足。
鰓もちゃんと6本あります。
ふれさを疑って、正直すまんかったと思いました・・・。
でもやっぱりまだまだ油断できません!

ケンカしてないか、かじっていないか、しっかり観察中です。

って、こんな風にわたしがのぞくことの方がストレスかな?笑

▼ふれさとおりばの朝の様子▼
ウーパールーパーの混泳:ふれさとおりば

テーマ : ☆水槽の中☆ - ジャンル : ペット

新しくやってきたうぱさん

ウーパールーパーブラック:新しくやってきたうぱさん
△新入りうぱさん△




ウーパールーパーの混泳。
共食いしてしまったりするので、異種でもうぱ同士でもあまりよくない。

ウーパールーパーの飼育方法を勉強していたときに、何度も目にしました。
やっぱりふれさの人生…いや、うぱ生にはお友だちがいればいいのに!
泳ぎまわっているふれさを見てそう思ったんです。

まあ、そんなの人間側のエゴでウーパールーパーにとったら1人の方が気楽なのかもしれないし、それ以前に狭い水槽の中で飼われること自体がストレスかもしれないですが。

それにわたしが黒いうぱさんと白いうぱさんを飼うのが夢だったのです。

ふれさがいたペットショップから、
ブラックのウーパールーパーさんを連れて帰りました。
ふれさはリューシスティックと呼ばれる白い体に黒い眼なんですが、黒い目の中に金色とも銀色とも見える金環があってとっても神秘的。
ブラックの子はお目めが真っ黒でくりくりでかわいいです。


元々ふれさのために用意していた水槽は、
NISSOさんの45cm水槽です。
品番:NWN-015
寸法:W450×D300×H350 mm

ウーパールーパーは底にいることが多いので、
横幅はもちろんですが、奥行きがあるものにしたいなあと思い
ウーパールーパーが成長したら、縦にも入れる大きさ
30cmオーバーのもので
水槽の前が90度の丸いカーブのものというので探しました。


水槽に、
・投げ込み式フィルター
・ヒーター
・照明
・水温計
・ガラス蓋
などのもろもろ8点セットのものが
近所のペットショップで、値段は9800円くらいでした。
となりにあった60cm水槽(でも奥行きが25cmくらいだった)が、
同じセットで8800円だったのでかなりそちらと迷ったんですが
60cmは大きいからだめ!っていうお父さんの反対によって45cmにしました。

でも最初から2匹飼うつもりで60cmか90cmにしとけばよかったなあとちょっと後悔です。

ふれさと新入りさんが大きくなるまでに、

品番:NWN-006
寸法:W900×D450×H450 mm
製品自重:約20.6kg
水容量:約155リットル
ガラス厚:6×5×5 mm
     (前面×側面×底面)
をゲットしたいと思います。
問題は置く場所なんですよね。
水量155リットルだから専用の台が必要です。

今度、わたしのお給料でテレビ台を買い換えてあげると両親に約束したので、
お金を出す立場を盛大に利用して、
最低でも90cm、欲を言うなら120cmの水槽が乗るような台を買いたいです。


それまでは、ふれさと新入りさんには狭い思いをさせてしまいます・・・。


エサの冷凍糸ミミズをたっぷり2匹ともにあげて、
シェルターを2つ用意して様子を見ていますが
ケンカしたり噛み合ったりということはなさそうです。

だけどやっぱり心配・・・。

むつかしいのは分かっているけど、仲良くしてくれますように。

テーマ : ☆水槽の中☆ - ジャンル : ペット

ウーパールーパーが来た日

ウーパールーパーが飼いたい!

ネットでアクアリウムを見ていた時に出会った、
ウーパールーパーのいる水槽。
水槽の底を歩くウーパールーパー。
水中を泳ぐウーパールーパー。

でもウーパールーパーって飼うの難しそうだし、
でーっかい水槽もいりそうだし、
我が家じゃ無理!
って思いながらも、ウーパールーパーの飼い方を調べ始めていました。

ネットって便利*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ウーパールーパーを飼うのにいるものが、
ほぼ熱帯魚の設備ということを知る。

わたし自身は熱帯魚を飼ったことはないんですが、
10年以上前にうちのお父さんが
玄関でディスカスやらエビやらを飼ってたのを思い出したのでした。

うちでも、ウーパールーパーが飼える!

その時以来、わたしの頭の中は
ウーパールーパーのいる生活でいっぱいになったのでした。


ウーパールーパーを知ってから約5年、
ウーパールーパーを飼おうと思ってから1週間。

今日2013年1月19日

我が家にウーパールーパーがやって来ました!

大きさは6cmくらい。
近所のペットショップから。


今日は水あわせをして、名前を決めました。
スペイン語で「苺」を意味する【ふれさ】
苺みたいに赤い外鰓になって欲しいです。


初日だしエサはやめといた方がいいのかな?
45cm水槽を買ってあるんですが、
とりあえず今準備できている球体水槽のすみでじっとしています。

▽水あわせ中のふれさ▽
ウーパールーパー:リューシスティックのふれさと20130119

テーマ : ☆水槽の中☆ - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。