スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非被災者の3.11

今日は3月11日ですね。

東日本大震災がおきてから2年がたちました。
もう2年もたったの?!とわたしは思ったんですが、テレビを見ると、まだ2年しかたっていないのかと言っている人がいて、時間の感じ方はそれぞれなんだなあと思いました。


わたしは2年前の午後2時ごろは自宅にいました。


バイトを午後1時に終わって、家に帰っていたんです。
そしてその前の日は、お母さんとお父さん喧嘩をしていて21歳にして初めての家出をしていた日でした。

前の日にお母さんがご飯の準備をしていて、お父さんがお風呂に入っている間に次の日の服なんかを持って家を出ました。
友達の家に泊まって、そこからバイトに行き、家には誰もいないだろうと思って明日の服などを取りに家に戻ったんです。


お母さんから連絡はありましたが、お父さんからは何も連絡がなく、ほとんどお父さんとの喧嘩だったので、まだまだ家出を継続してやろうと思い準備していました。


そうして2階の自室で荷造り(大げさ)していると、突然自分の頭がゆらゆらと揺れました。
頭だけでなく、体もぐらぐらと揺れました。


きのうは友達の家で夜更かしをしたし、慣れない枕のせいであまりよく眠れなかったから、疲れて眩暈がしているのだと思ってしばらく目をつぶっていたらその揺れはおさまりました。

これが、東日本大震災発生時のわたしの状況だったのをしっかりと覚えています。
ぐらぐらとゆっくり左右に触れるあんな大きな揺れが、地震だなんて思わなかったんです。
奈良では大きな被害はなく、何事もなく過ぎていったんです。

そしてしばらくしたら携帯にメールが来て、3日後に一緒に東京に行く予定だった友達からでした。


「東京行くの無理だと思うから、新幹線キャンセルするね。」

というメールだったので、突然どうしたんだろう?と思い、

「え、なんで?」

と軽くメールを返したんです。


そうすると次にまたメールが来ました。
お母さんからだったので、何かと思ったら、地震大丈夫だった?と。

そこではじめて、さっきの眩暈だと思った揺れが地震だったことを知ったんです。


東京にいけないほど多きな地震だったのかな?と状況を知ろうとテレビをつけたら、緊急ニュースでした。

大きな地震であるということ、海岸近くの人は津波に備えて高台に避難するようにと伝えるアナウンサー。
画面の左側に出ている日本地図と津波予測。


そしてさっきの地震が東北で起きたものだというのを知ってびっくりしました。
関西の、奈良でさえあんなに大きく横揺れしたのに東北ではどうなっているのだろうと。



家出をしようと思っていたんですが、それはやめて自宅にいました。


夕方までニュースを見ていると、だんだんと明らかになる被害状況。
でもまだまだ不明なところが多く、この何倍にも被害が膨れ上がるだろうと予想できて恐ろしかったです。

日本の半分くらいが、終わってしまうんじゃないかと思いました。




そして夜になって、お父さんとお母さんが帰って来たので喧嘩をしていたことについて話し合いをしました。


2年前、わたしがまだ大学生で就職も決まっておらず、さらに家の仕事も不安定で、弟の大学進学があったりなんだかんだと家の中がぎすぎすしていました。
就職の決まらないわたし、仕事で忙しい両親、暇そうな弟。(笑)

家族全員が、それぞれイライラしていて、わたしは就職したら家を出て独り暮らしをしたいと思うほどでした。


だけど、東日本大震災があってあの日でわたしは少し変わりました。

それからしばらくは相変わらずわたしも就職できなかったし、家の仕事も上手くいかなかったし、弟は暇そうでしたが家での喧嘩はほとんどなくなりました。



東日本大震災が起こって、この自分の命は、当たり前のものじゃないんだと思いました。
特に被害はなく、関東に住んでいる友達もみんな生存が確認できました。
でもそれが当たり前じゃなく、幸せなことなんだなと。


2011年3月11日から丸2年。

被災者ではないわたしにとってこの日は、命の大切さと家族や友達の大切さ、何より日常生活のありがたみを再確認する1日です。


人間というのは慣れる・忘れる生き物ですから、何度も何度も思い出さなければいけません。


非被災者のわたしが一番しなくてはいけないことは、1日いちにちを全力で生きることだと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~ - ジャンル : その他

とってもはっぴーばーすでー

きのうは誕生日でした。(アピールではありません)

わたしはこの4月で社会人になって丸1年です。
でもその前の大学3回・4回のときに授業がもうほとんどなくて休みなのをいいことに今の会社でほとんどフルタイムでバイトしていたので気分的には3年目くらいの気持ちです。

バイトをしているときと、正社員との今では就業時間が変わらないのでまだバイト気分というのが正直なところ。
でもやっぱり正社員とバイトでは大きな違いがあります。

それは・・・。

お給料です。(特にボーナスと成果報酬がデカイ)

バイトのころは自分のことだけに必死で、遊ぶためのお金や洋服などを買うためのお金でお給料の全部がぶっ飛んでいましたが、今では雀の涙ほど・・・ベビーうぱのフンほど・・・(ちょびっとの意)ですがお家にも生活費をいれることができています。
びば・正社員です。

うぱさんをお家に迎えようと思ったのも、水槽などの環境設備をはじめ、餌やうぱさん自身を買うお金を自分で捻出できるようになったからです。
うぱさんに関するものは、自分の財産から!というのがわたしの密かなポリシーです。
そうすることによって、どんな設備を買おうが餌を買おうが、新しいうぱさんを迎えようが、家族には口出しされにくい環境をつくっています。←

また、バイトをフルタイムでしていたころにちょうど成人を迎えたので、誕生日プレゼント・クリスマスプレゼントとお年玉といったイベント類がわたしの人生から消えました。
大人になるってつらいことなんだなと思ったので、親戚のちびっこに会うたびいつも

「ゆっくり大人になるんだよ。」

と声をかけています。

「○○ちゃんと○○くんはいい子だね~。生まれてきてくれただけで、笑顔でいてくれるだけではなまるまんてんっ!」と、周りにひかれるくらいでろ甘で
ことあるごとにお小遣いをあげるだめな親戚のおばちゃんになっています。


完全に話がそれました。
そんな感じなのでここ数年の誕生日は、ケーキを買ってもらってそれを食べるとか、外食に行くくらいだったんですが。

きのう家に帰ったらお父さんが隣の部屋を指指して
「置いといたで!」

と言ってきました。

白いビニール袋だったのでケーキかな?と思ったんですが、
机の上に乗っている袋に書いてあるロゴは、いつも行くふれさやおりばがいたペットショップのもの。


もしかして・・・。

いったん予想がついて答えが浮かんでくると不思議ですよね、なんだかカサカサという音が自然と耳に入ってくるんです。
ケーキかなと思っていたときには全然気にならなかった音なのに。


「とりあえず、10匹くらいでよかった?」










※昆虫の写真が入ります

続きを読む »

テーマ : 日記 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。